【割引クーポン有】ディズニーでモバイルバッテリーの借り方と料金

※本サイトで紹介している商品・サービス等の外部リンクには、アフィリエイト広告が含まれる場合があります。

東京ディズニーランド東京ディズニーシーに入園する為に欠かせないスマートフォン。

今はパークチケットの購入だけでなく、エントリー受付ディズニー・プレミアアクセスの購入などすべて公式アプリをから簡単にできます。

スマホ一つで簡単に操作・購入ができるのは大変便利ですが、その反面スマホのバッテリー消費が心配ですよね。

結論から言うと、パークで滞在するためにモバイルバッテリーは欠かせません

パーク内では、モバイルバッテリーレンタルサービスもありますが、自分で買った物を持っていく方が良いです。

その理由とおすすめのモバイルバッテリーを紹介しますのでぜひ最後までご覧ください。

【JTB】東京ディズニーリゾート(R)への旅

目次
スポンサーリンク

モバイルバッテリーとは?

Mobile battery

モバイルバッテリーとは、持ち運びが可能な充電器です。

外出先で、スマートフォンやタブレット、ゲーム機を充電でき、モバイルバッテリーの容量がなくなるまで何度も繰り返して充電できます。

最近では、モバイルバッテリーをレンタルできるサービスも普及しているので、外出先でスマホなどのバッテリーがなくなってもそんなに困ることはありません。

りん

ガラケー時代は、充電スポットはあったもののその場に預けないといけなかったので便利になったね!

東京ディズニーリゾート内にモバイルバッテリーレンタルサービスがある

Tokyo Disneyland toon town

東京ディズニーリゾートには、モバイルバッテリーのレンタルサービスがあります。

設置されている業者は、全国で設置数が一番多い「ChargeSPOT」です。

アプリをダウンロードしておかないとレンタルできません。

ChargeSPOT チャージスポット スマホ充電レンタル

ChargeSPOT チャージスポット スマホ充電レンタル

INFORICH ASIA HONG KONG LIMITED無料posted withアプリーチ

新規登録する人は、紹介コードを入力し登録すると必ず360円分のクーポンがもらえます!

クーポンを利用すれば、パーク内では2時間までパーク外では3時間まで無料で利用できますよ!

■ChargeSPOTの紹介コード
FRD0F6B6019
※入力ミスを防ぐために長押ししてコピー推奨

パーク内においても開園時間中はいつでも貸出・返却ができます。

モバイルバッテリーを持っていくのを忘れても、わざわざ買う必要がないのは良いですね。

料金

東京ディズニーリゾートにあるChargeSPOTの料金は、利用時間により変わります。

利用時間は、充電している時間ではなく、モバイルバッテリーを貸し出してから返却するまでの時間です。

モバイルバッテリーの充電がなくなっても返却しない限り料金は発生するので注意しましょう。

また、パーク内外で料金が異なりますので確認しておきましょう。

パーク内

東京ディズニーランド東京ディズニーシー内のChargeSPOTでは、コンビニや商業施設にある料金より割高に設定されています。

貸出時間料金
1時間未満180円
1時間〜2時間未満360円
2時間〜3時間未満540円
3時間〜4時間未満720円
4時間〜48時間未満900円
48時間〜72時間未満1,080円
72時間〜96時間未満1,260円
96時間〜120時間未満1,440円
120時間〜3,300円

パーク外

東京ディズニーランド東京ディズニーシー以外であれば、パーク内より割安な料金で利用できます。

コンビニや商業施設に設置されてあるものもこの料金体系です。

貸出時間料金
30分未満165円
30分〜3時間未満360円
3時間〜6時間未満450円
6時間〜24時間未満540円
24時間〜48時間未満900円
48時間〜72時間未満1,260円
72時間〜96時間未満1,620円
96時間〜120時間未満1,980円
120時間〜3,300円

こちらは、30分未満という短い時間の料金も設定されています。

電話だけかけれるようになりたいなど緊急時にはありがたい料金ですね。

イクスピアリシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル内でもこの料金が適用されます。

貸出料金をできるだけ抑えたい方は、こちらで借りてパーク内で返却という使い方もできます。

支払い方法

ChargeSPOTの利用はすべてキャッシュレス決済で完結します。

現地での支払いは対応していないので、事前に以下の決済方法をアプリに登録しておきましょう。

ChargeSPOTの支払い方法

  • クレジットカード
  • d払い
  • ソフトバンクまとめて支払い
  • auかんたん決済
  • Apple Pay
  • PayPay
  • メルペイ
  • LINE Pay(LINE版のみ)
  • WeChat Pay
  • Paidy(後払い)
  • 楽天ペイ
  • Union pay

場所

東京ディズニーリゾートにおけるChargeSPOTの場所を紹介します。

各施設の名前をクリックすると公式ページのマップにリンクしているので近くのスポットを探してみてくださいね。

全国のChargeSPOTの検索は公式ページから検索してください。

東京ディズニーランド

Where you can rent mobile batteries in Tokyo Disneyland
出典:東京ディズニーリゾート

東京ディズニーランド内には9箇所にChargeSPOTが設置されています。

東京ディズニーシー

Where you can rent mobile batteries in Tokyo Disneysea
出典:東京ディズニーリゾート

東京ディズニーシー内には10箇所にChargeSPOTが設置されています。

レストルームはトイレのことです。

パーク外

パーク内より割安価格で利用できるChargeSPOTは、東京ディズニーリゾートで9箇所にあります。

使い方

まず、使いたいときにすぐに借りれるように、ChargeSPOTのアプリをスマホに入れて、会員登録を済ましておきましょう。

ChargeSPOT チャージスポット スマホ充電レンタル

ChargeSPOT チャージスポット スマホ充電レンタル

INFORICH ASIA HONG KONG LIMITED無料posted withアプリーチ

新規登録する人は、紹介コードを入力し登録すると必ず360円分のクーポンがもらえます!

クーポンを利用すれば、パーク内では2時間までパーク外では3時間まで無料で利用できますよ!

■ChargeSPOTの紹介コード
FRD0F6B6019
※入力ミスを防ぐために長押ししてコピー推奨

STEP
バッテリースタンドのQRをスキャン
Mobile battery rental status

貸出スポットには必ずQRコードがあるので、ChargeSPOTアプリの[QRスキャンして借りる]をタップし、読み込みます。

STEP
支払い方法を選択

利用料金の支払い方法を選びます。

ChargeSPOTの支払い方法

  • クレジットカード
  • d払い
  • ソフトバンクまとめて支払い
  • auかんたん決済
  • Apple Pay
  • PayPay
  • メルペイ
  • LINE Pay(LINE版のみ)
  • WeChat Pay
  • Paidy(後払い)
  • 楽天ペイ
  • Union pay
STEP
レンタル開始
ChargeSPOT

支払い方法が確定すると、貸出スロットからモバイルバッテリーが自動で出てきます。

その出てきたモバイルバッテリーが、今回利用するものです。

取り忘れに注意しましょう。

東京ディズニーランド東京ディズニーシー内においては、多くのゲストがレンタルするため他人のモバイルバッテリーを持っていかれる、持っていく可能性があります

支払い方法確定のタイミングとモバイルバッテリーを取り出すタイミングがずれないように気をつけてくださいね。

STEP
充電する
Mobile battery

モバイルバッテリーを取り出したら、すぐにスマホ等を充電しましょう。
(利用時間はスロットから取り出して返却するまでの時間で充電時間ではないです。)

モバイルバッテリーには、USB-C、Lightning、Micro USBの3つのケーブルが備え付けられているので、ケーブルを持ち歩く必要はないですよ。

現在の利用料金と時間はアプリ内で確認できます。

STEP
返却する
mobile battery in Tokyo Disneysea  station

返却時は、特にアプリの操作は不要です。

最寄りの返却スポットの空きスロットにモバイルバッテリーを差し込むだけです。

カチッと音がするまで奥に差し込めたら返却完了です。

モバイルバッテリーを持参したほうがいい理由

前章で紹介した「ChargeSPOT」ですが、正直なところ強くおすすめはできません。

その理由を紹介します。

パーク内のChargeSPOTは貸出中が多い

Charge spot Status of use in Tokyo Disneyresort

上の図は平日の17時26分頃の貸出状況を示した地図です。

水色のスポットは貸出可能、灰色のスポットは貸出不可です。

赤丸が東京ディズニーランド、緑丸が東京ディズニーシーですが、東京ディズニーランドでは貸出できるスポットが一つもありません

パーク内では、ほとんどのゲストがスマホを使って、ディズニー・プレミアアクセスの購入やエントリー受付をすることからモバイルバッテリーのレンタル需要が高まっているのです。

そのため、パーク内に設置されているChargeSPOTは、遅い時間になればなるほど貸出率が高まります。

自分が充電したいタイミングで充電できない可能性もあります。

スマホのバッテリーが0になってしまえば、パーク内では一気に不便になってしまいます。

ChargeSPOTを探す時間がもったいない

Tokyo Disneysea arabian coast

前節で、ChargeSPOTが貸出中で使えないことが多いと紹介しましたが、アプリ内では空いているモバイルバッテリーを検索することができます。

ただ、空いているスポットを探す時間と行く時間、返す時間を潰してしまいます。

家族ならまだ許せるかもしれませんが、友人や知人だと相手が不快になってしまうかもしれません。

ショーパレードレストランの時間も設定されている中、モバイルバッテリーを借りに行く、返しに行く時間まで捻出するのはかなりもったいない気もします。

満充電されていないことが多い

パーク内では、多くのゲストがChargeSPOTを利用するため返却された後のモバイルバッテリーが満充電されていない状態で貸し出されることも少なくありません。

そのため、モバイルバッテリーを借りることができたとしてもスマホを100%まで充電できない可能性もあります。

パーク外の場合は、ChargeSPOTのみで事足りますが、パーク内ではモバイルバッテリーを持参しておく方が良いです。

おすすめのモバイルバッテリーは?

Duffy in Tokyo Disneysea

結論、私がおすすめするモバイルバッテリーはAnkerのPowerCore 10000です。

私がこの製品をおすすめする理由を紹介します。

\Amazon売れ筋1位獲得!/

十分な容量

Anker PowerCore 10000の容量は、名前の通り10000mAhです。

10000mAhは、iPhone14 / 14Proを0%から100%まで充電が2回できるレベルです。

モバイルバッテリーは大容量であればあるほど良いのですが、容量が大きくなるにつれ値段が上がります。

1人1つ持ち歩いていれば、パークで1日を十分過ごせるので、10000mAhくらいが適切です。

軽い

Anker PowerCore 10000は、重さがわずか180gで非常に軽量です。

180gの重さを例えるとすると、バナナ1本です。

パーク内の移動はほとんどが徒歩、アトラクションキャラクターグリーティングを待つ時は立ったままなので重い荷物を持っているだけで疲労感が増します。

容量が大きければ大きいほどモバイルバッテリーも重くなるので、180gの重さが適切で疲労感もそこまで影響ないです。

小さい

Anker PowerCore 10000は、 縦9.2cm x 横6cm x 幅2.2cmと非常にコンパクトです。

縦と横のサイズはクレジットカードと同じサイズなのでカバンの中でも場所を取りません。

もちろんズボンのポケットにもすっぽりと入る小ささです。

前節でも書いた通り、パーク内の移動はほとんどが徒歩です。

できるだけ少ない荷物でパークを過ごすと疲労がたまらないのでおすすめです。

\Amazon売れ筋1位獲得!/

モバイルバッテリーだけでは充電できないので、充電ケーブルを持っていない方は合わせて購入しておくと準備万端です!

\ポイント最大11倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

まとめ

いかがでしたか。

今回は、東京ディズニーランド東京ディズニーシーのモバイルバッテリーレンタルサービスの事情について紹介しました。

東京ディズニーリゾートには、モバイルバッテリーのレンタルサービス「ChargeSPOT」があります。

ChargeSPOT チャージスポット スマホ充電レンタル

ChargeSPOT チャージスポット スマホ充電レンタル

INFORICH ASIA HONG KONG LIMITED無料posted withアプリーチ

新規登録する人は、紹介コードを入力し登録すると必ず360円分のクーポンがもらえます!

クーポンを利用すれば、パーク内では2時間までパーク外では3時間まで無料で利用できますよ!

■ChargeSPOTの紹介コード
FRD0F6B6019
※入力ミスを防ぐために長押ししてコピー推奨

しかし、多くのゲストが利用するため思うようにレンタルができません。

そのため、パーク内にはモバイルバッテリーを持っていくほうが良いです。

私がおすすめするモバイルバッテリーは「Anker PowerCore 10000」です。

\Amazon売れ筋1位獲得!/

パークに滞在中はモバイルバッテリーを持ち歩いて、モバイルバッテリーの容量がなくなったときの緊急用に「ChargeSPOT」を利用するなど使い分けするといいですね。

おすすめ旅行サイト8選!クーポンも利用可能!

東京ディズニーリゾートやその周辺には多くのホテルがあります。

パークチケット付きプランや素泊まりプランなどプランは豊富なので、用途に応じて選ぶことで格安・お得に旅行できます。

多くの旅行サイトがある中、おすすめの旅行予約サイトを厳選しました。

各リンクから東京ディズニーリゾート周辺ホテルを探せるので是非チェックしてみて下さい!

旅行サイト特徴
ホテルズドットコム国内・海外のホテル予約サイトで、何千軒ものホテルが平均15%割引とかなりお得です。
じゃらん全国各地で使えるクーポンでは、都道府県別に配布中のクーポンが手に入ります。
国内の宿泊・遊び・体験に強い旅行サイトです。
楽天トラベル楽天ポイントが貯まる・使えるのが強みです。
毎月5と0のつく日は5%OFF、楽天トラベルスーパーSALEなどお得な期間もあります。
Trip.comキャンペーンを多く実施しており、旅行代金をとにかく安く抑えたい人向けの旅行サイトです。
初回予約であればさらに1,000円引きになります。
るるぶトラベルるるぶのクーポン一覧で、クーポンが多数配布されているので併用するとお得に予約できます。
Yahoo!トラベルPayPayポイントが貯まる・使えるのが強みです。
宿泊料金が割引になるクーポンもあるので併用するとお得です。
ジャルパックJALは東京ディズニーリゾートのオフィシャルスポンサーであるため、ショー鑑賞券が付くなどの限定の特典があります。
航空券とホテルのセットでさらにお得に旅行できるので、遠方から来るゲストにおすすめです。
JTB国内・海外のツアーパックに強い大手旅行代理店です。
注目の国内ツアーでは、今だけのお得なバーゲン価格や緊急発売商品など全国発のツアーが予約できます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次