【JAL×ディズニー】期間限定タイムセール中!
1グループ最大53,000円引クーポンも配布中★詳しく見る

【最新】ディズニー・ファストパスは廃止!代わりのサービスは何?

※本サイトで紹介している商品・サービス等の外部リンクには、アフィリエイト広告が含まれる場合があります。

多くのディズニーパークで導入されている、アトラクション優先入場案内システムのディズニー・ファストパス

東京ディズニーリゾートでは2000年7月から2023年6月までサービスが導入されていました。

新型コロナウイルス感染拡大による臨時休園以降は、サービス終了までは休止していたため実質廃止されたのは2020年2月です。

23年近く続いたサービスに幕をおろしました。

▼ファストパスの代わりとなるサービス(プライオリティパス)は2023年7月26日(水)からスタートしています

パークを歩きながらポイントが稼げる!

スマホにアプリを入れて、登録し移動するだけでポイントが貯まるポイ活No.1アプリ

移動は徒歩だけでなく車や電車での移動も含まれるので、通勤・通学中もポイントがどんどん貯まりますよ。

貯まったポイントは現金や他社ポイント、商品引換券に変えられるので使い道に困ることはありません。

\1,500万ダウンロード突破!/

目次

ディズニー・ファストパスの概要

Disney fast pass ticket

ディズニー・ファストパスって何?

東京ディズニーリゾートにおけるディズニー・ファストパスは、アトラクションの優先案内システムでした。

各アトラクションの入口付近には発券所があり、パークチケットをかざすことでチケットが発券されました。

2019年7月からは東京ディズニーリゾート公式アプリでも取得することが可能となり開園ダッシュをするゲストが減りました。

そのチケットに表示された時間に限り、ファストパス・エントランスからアトラクションの入場ができました。

現在ファストパス・エントランスは、プライオリティ・アクセス・エントランスという名称に変更して運営しています。

ファストパス・エントランスは利用できる人数が限られているので、通常の列(スタンバイ・エントランス)より待ち時間を短く利用できます。

人気のアトラクションは開園後すぐにファストパスの発券が終了するので、人気のアトラクションのファストパスを取得する場合は、朝イチで入園する必要がありました。

ファストパスを導入していたアトラクションは?

Tokyo Disneyland attraction Splash Mountain fastpass ticket machine

2023年の廃止前までファストパスを導入していたアトラクションは次の通りです。

東京ディズニーランド

パークを運営するオリエンタルランドの発表によると、美女と野獣“魔法のものがたり”ベイマックスのハッピーライドもディズニー・ファストパス対象予定と発表していましたが、導入されずに廃止されました。

東京ディズニーシー

ファストパスは廃止

Tokyo Disneyland attraction space mountain

ディズニー・ファストパスは、2020年の新型コロナウイルスによる休園以降、サービスを休止していましたが、再開されることなくそのまま廃止されました。

公式ページでは「休止中」表記でしたが、廃止の発表と共に削除されました。

休止中にパーク内のファストパス・エントランスが順次、閉鎖、ファストパス発券機が撤去されていることからこのまま廃止される可能性が高いと予想しておりましたが、その通りになりましたね。

ディズニーの本国、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートでは2021年に廃止されています。

ファストパスがなくなった今、パークではどのような代替サービスがあるでしょうか。

ディズニー・プレミアアクセス

東京ディズニーリゾートディズニー・ファストパスが休止してから約3年が経過した2023年時点において、ゲストがパークでの過ごし方が変化してきました。

新型コロナウイルス感染拡大による臨時休園が明けてからしばらくして現れたのが、新しいサービス「ディズニー・プレミアアクセス」です。

▼DPAの詳細はこちらでチェック!

ディズニー・プレミアアクセスは、アトラクションの利用時間を予約したり、ショーパレードを専用エリアから鑑賞することができる有料サービスです。

連日、多くのゲストが利用しており売切れも発生する日々です。

現在の東京ディズニーリゾートのパークは、顧客満足度を上げるため入園者数をコロナ前よりおさえて客単価を上げる方針で運営しています。

お金は別途必要ですが、ファストパスと違うのはこちらから利用時間を予約できることです。

また、ファストパス時代では無料のため取得人数が多いことからファストパスを持っていてもアトラクション体験まで15分以上かかることもありました。

しかし、ディズニー・プレミアアクセスではアトラクション入口から10分以内で体験できます。

東京ディズニーリゾート40周年記念プライオリティパス

2023年7月26日(水)から終了日未定の期間限定で、ファストパスを導入していたかつディズニー・プレミアアクセスが導入されていないアトラクションにおいて東京ディズニーリゾート40周年記念プライオリティパスが導入されます。

プライオリティパスとファストパスのサービス内容は変わりありませんが、唯一違う点がファストパス時代にあったリアルの発券機とチケットがない点です。

りん

取得・利用はすべて東京ディズニーリゾート公式アプリで完結するよ!

▼プライオリティパスの取得・利用方法はこちら!

ディズニー・ファストパス廃止のメリット

merit

朝の混雑が緩和

人気のアトラクションでは、開園後まもなく発券を終了したため、朝イチにゲストが集中していました。

ディズニー・ファストパスが廃止された今では、開園前にコロナ前ほどの混雑は見られず、朝は少し落ち着いた混雑状況になったのではないかと思います。

午後入園でも平等にアトラクションが楽しめる

コロナ前の時代は、午後から入園するとほとんどのアトラクションで、ディズニー・ファストパスの発券が終了しており、アトラクションを利用するには、スタンバイ・エントランスから長い時間を待つ待つ必要がありました。

ディズニー・ファストパスが廃止された今では、かつてディズニー・ファストパス対象だったアトラクションはディズニー・プレミアアクセスを購入するかスタンバイ(列に並ぶ)ことで体験できるようになったので、午後入園でも午前入園組と変わらずほぼ平等な待ち時間でアトラクションが体験できるようになりました。

ディズニー・ファストパス廃止のデメリット

demerit

お金持ち優先主義に

新型コロナウイルスによる休園明け以降、パークでは少ない人数で運営しなければならなくなったことから、ゲスト1人あたり使うお金を増やさなければ売上が維持できなくなりました。

そこで導入されたのが、先程紹介したディズニー・プレミアアクセスです。

ディズニー・プレミアアクセスは、1つのアトラクションを体験するのに1人1,500円以上必要です。

この1,500円以上は、子ども大人関係なく一律価格なので、ファミリー層にとっては痛手となります。

学生さんやカップルでも1つのアトラクションショーパレードならともかく複数個の利用の場合はかなり多く出費することになっていまいます。

今まで誰でも利用できたディズニー・ファストパスが廃止されて、パーク内においてもゲストの格差は広がっていきそうです。

アトラクションを無料で体験できる回数が減る

ディズニー・ファストパスがなくなった今では、無料でアトラクションを利用するにはスタンバイ(列に並ぶ)かプライオリティパスを取得しなければなりません。

ファストパスがあった時代は、人気・最新のアトラクションでもファストパスを所持していれば短い待ち時間で体験できましたが、ディズニー・プレミアアクセス導入に伴い、無料で最新・人気のアトラクションを体験するにはスタンバイ(列に並ぶ)しか選択肢はなくなりました

ファストパスが廃止されたあとの対策は?

Tokyo disneyland attraction waiting time

ディズニー・ファストパスが廃止された今、私たちができることがあります。

混雑しない日に入園

ディズニー・ファストパスがなくなった今、無料でアトラクションショーパレードをより楽しむためには、混雑しない日に入園することが重要です。

アトラクションの待ち時間を限りなく0にすることは不可能ですが、入園者数の少ない日に入園することで待ち時間を抑えて多くのアトラクションを楽しむことができます。

東京ディズニーランド東京ディズニーシーの両パークは入園者数をコロナ前より制限しています

土曜日・祝日や大型連休はパークチケットの売切れも発生している状況です。

▼最新のパーク混雑状況はこちらでチェック!

ディズニー・プレミアアクセスを購入する

Disney premier access
出典:東京ディズニーリゾート

アトラクションの待ち時間を短縮するためには、ディズニー・プレミアアクセスを購入することをおすすめします。

ディズニー・プレミアアクセスは、1つのアトラクションに対して少なくとも1人1,500円が必要です。

▼DPAの詳細はこちらでチェック!

お金はかかってしまいますが、年に複数回も来園できない人にとっては、複数回のパークチケットを購入するより1回で多くの多くのお金を使ったほうが総合的には節約になります。

りん

アトラクションに乗るために何時間も待つ疲れも減らせるよ!

プライオリティパスを利用する

一部のアトラクションに限られますが、プライオリティパス2023年7月26日(水)〜導入されています。

プライオリティパスの取得・利用は無料でサービス内容はファストパスと変わりません。

アトラクションをメインに楽しみたい方は待ち時間を短縮できることには変わりがないので、入園後はプライオリティパスを取得することをおすすめします

▼プライオリティパス対象のアトラクションはこちら!

パーク内での過ごし方を変える

Dufffy and friends

アトラクションだけがパーク内での楽しみではありません。

パーク内ではゲストを楽しませてもらえるショーパレードが無料で楽しめます。

「パーク内の雰囲気が好きだから散歩・撮影が好き」

「かわいいお店をめぐりたい」

「ディズニーのフードを食べ尽くす!」

とパーク内ではいろいろな楽しみ方をしているゲストもいるのは事実です。

こうした新しい楽しみ方を見つけるのもディズニーの醍醐味なのでパーク内での過ごし方を変えてみるのも良いでしょう。

ファストパス廃止でネット上の声は?

東京ディズニーリゾートディズニー・ファストパスが廃止されてネット上の声はどうでしょうか。

このように、ディズニー・ファストパスが廃止されて喜ぶ声は見当たず、悲観的な声が多いようです。

ディズニー・プレミアアクセスの対象施設も今後増やしていくと社長の発表があった通り、アトラクションショー・パレード派にはさらに過ごしにくいパークになっていくことが予想されます。

まとめ

今回は、東京ディズニーリゾートの両パークでコロナ前まで導入されていたディズニー・ファストパスについて紹介しました。

ディズニー・ファストパスは、アトラクションを少ない待ち時間で利用するために事前に入場予約(時間指定はできない)することができるサービスです。

新型コロナウイルスによる入園者数制限以降、ゲスト1人あたりの客単価を上げるためにパークではディズニー・プレミアアクセスが導入され、ディズニー・ファストパスは廃止されました

今後もディズニー・プレミアアクセス対象施設が増えることはほぼ確定されており、無料でアトラクションショーを楽しむのは難しくなってくることでしょう。

パーク内での過ごし方を変えて、新しい楽しみを見つけるのもいいですね。

パークを歩きながらポイントが稼げる!

スマホにアプリを入れて、登録し移動するだけでポイントが貯まるポイ活No.1アプリ

移動は徒歩だけでなく車や電車での移動も含まれるので、通勤・通学中もポイントがどんどん貯まりますよ。

貯まったポイントは現金や他社ポイント、商品引換券に変えられるので使い道に困ることはありません。

\1,700万ダウンロード突破!/

コメント

コメント一覧 (2件)

  • ディズニーランドファストパス廃止マジか…
    個人的にはすげー悲しい
    ディズニーランド行こうとしてた手を止めるわ
    考え直します…

    • コメントありがとうございます!
      そうですね、長年続いたサービスが終了してしまうと寂しいですよね。
      時代の変化と言いますか、今のパークについていけるのはスマホを使いこなすことが前提条件となりそうです💧

コメントする

CAPTCHA


目次